人間関係がフレンドリー、それもまた外資企業の魅力的

年齢や職種を気にせず意見交換ができる

外資系企業は、日本企業のように飲み会や歓送迎会などの風習が無いところも多くありますが、人間関係がフレンドリーで、年齢や職種を気にせず意見交換しやすいという魅力があります。最近では、年齢や性別、国籍などにかかわらず、実力主義で評価をしている外資系企業の数が増えており、自分のキャリアや能力に自信がある人は、正当な報酬を得やすくなっています。また、社内のコミュニケーションの活性化に取り組んでいる外資系企業の中には、定期的に職種の垣根を越えてミーティングやグループワークなどが行われることもあります。そこで、風通しが良い外資系企業に転職をしたい人は、様々なバックグラウンドを持つ社員が活躍しているところを志望企業に選びましょう。

仕事を通じて外国人社員と交流を深めることができる

海外に本社がある外資系企業の国内のオフィスの中には、日本人よりも外国人社員の割合が大きいところもあり、国際色豊かな環境でのびのびと仕事に取り組める環境となっています。また、外国人社員と日ごろから英語でコミュニケーションを取ることで、商談や電話対応などもスムーズに行うことが可能です。大手の外資系企業においては、コミュニケーション能力に長けた中途採用者を厳選する目的で、英語のエントリーシートの提出や面接を選考に導入しているところもあります。そうした中、英語の苦手意識を払しょくするために、外資系転職に向けてネイティブの講師にレクチャーをお願いしたり、外国人の友人や知人などに転職活動のアドバイスをしてもらったりすると良いでしょう。