日本企業に居心地の悪さを覚えたら前向きに外資系転職の用意を

日本企業は能力よりも人間関係が重視される

日本企業は能力がある人よりも、人間関係を重視される傾向にあります。もちろん、周りの人間と円滑に仕事をしていくのも大事なことですから、人間関係を上手に築き上げていくのは能力の一つだと言えるでしょう。しかし、それが行き過ぎて成果よりも人間関係ばかりが重視されてしまうのは問題です。このような体制になっていると能力はあっても上に上手く取り入ることができない人は評価されづらく居心地の悪さを感じてしまうこともあります。組織というのは簡単に変わるものではありませんから、今いる職場に対して居心地の悪さを感じたときには職場の環境を変えていくために行動をするのもよいですが、もっと働きやすい職場に転職をするという手もあります。

外資系なら対等の関係を築くことができる

日本企業はとにかく上の人間と上手くやらなければいけないので、そのことで余計に神経をすり減らしてしまいます。外資系の場合には仕事さえできれば誰とでも対等な関係を築けるのが魅力です。まず最初に仕事ができるかどうかを重視されるので、いくらごまをするのが上手くても意味がありません。日本企業にありがちな上司に対する忖度が必要なく、仕事に打ち込むことができます。ごまをする文化がないので、風通しもよく上下問わずにフレンドリーな関係で居られるのも外資系の魅力だと言えるでしょう。ただし、仕事ができなければ上司に取り入ってなんとか会社に残るという手を使うことはできませんから、能力がないと居心地の悪さどころか居場所そのものを失ってしまうということは覚えておく必要があります。