外資系企業は若者にとって働きやすい環境

有能な若手社員を責任者に抜擢している企業も多い

外資系企業の労働条件は国際的な労働のルールが採用されることが多く、若手の社員も能力次第で部署の責任者として重要な仕事を担当できることがあります。最近では、ポテンシャルの高い第二新卒者や30代までの中途採用者を対象に、管理職研修を積極的に導入する外資系企業の数も増えており、近い将来に企業内の中核的な存在を目指している人にとって絶好の状況となっています。また、外資系企業においては、中途採用者に対して前職の成果よりも、採用後の仕事ぶりを評価する風土があるため、新しい仕事に対して意欲的に取り組める人が活躍しやすいという特徴があります。そこで、外資系転職を経て自分の目標に向けてキャリアを積むうえで、求職中に若手社員の人材活用の制度が整っているところを探すことが大切です。

語学やITの分野に長けた人は職場内で早期に出世しやすい

語学やITなど社会的に需要が高い分野の専門知識や経験を持つ人は、外資系企業の転職後に早期に出世しやすい傾向があります。特に、グローバルな市場で多角的な事業展開をしている外資系企業の中には、海外駐在や留学の経験がある社員を優遇したり、IT系のスペシャリストを育成したりするところが多くあります。そうした中、長く働ける外資系企業を見極めるうえで、国内外で業績が良い大手企業が集まる転職フェアに参加をしたり、実際に外資系企業の勤務経験があるキャリアアドバイザーに相談したりすることがおすすめです。なお、外資系企業の書類選考や面接の際に評価されやすいキャリアや資格の種類について、早めに確認を取ることが肝心です。