外資系転職を考える際は自分の希望する職種があるか要チェック

事務職や経理職は前職での経験を活かしたい人におすすめ

外資系転職を考える際は、志望企業の中途採用の人材募集をチェックして、自分の希望する職種があるか調べておくことが大事です。たとえば、事務職や経理職などのデスクワークは、それほど高い英語力が要求されないことや、日本企業でのキャリアを生かしやすいことから、多くの転職希望者に人気があります。外資系転職でこうした職種に就くには、少なくとも数年の実務経験や電話対応のスキル、簿記やパソコンの知識などが必要となることがあるため、在職中から将来に向けて得意な分野のスキルを磨いておくことがおすすめです。また、業績が良い外資系企業のデスクワークの職種の求人には多くの応募が集まることがあるため、書類選考の段階から過去の職歴や自己の能力を効果的に伝えることがポイントです。

営業職は高いコミュニケーション能力と語学力が必須

外資系企業の営業職は、既存の顧客と良好な関係を保ったり、新規の顧客を開拓したりするうえで、高いコミュニケーション能力と語学力が求められます。特に、将来的に海外の取引先や顧客と関わる機会が多い企業に転職をしたい場合は、ビジネス英語を使って適切にコミュニケーションができるように、早期に英会話教室やオンラインの教材などの中から、自分に合った学習方法を選択することがおすすめです。また、営業職の中途採用社員の募集が行われる外資系企業においては、求職者の語学力を判断するために、外国人社員による面接やグループワークなどを選考に取り入れているところも少なくありません。そこで、お目当ての企業の採用試験の具体的な内容や、評価されやすいポイントについて、日頃からよく把握をしておきましょう。